怪しい道調査隊MTB部 (kids MTB racing)

小学生の長男と自転車レース(MTB)活動をblogにしてます。基本的にたいした事は書いてませんw

本人レポート(2018シマノバイカーズフェスティバル)

レポートアップが遅くて申し訳ございません。
オヤジの手が回っていませんでした。
さてレースは6年生に勝てる実力は、まだありませんがラッキーを拾って
2日目に勝つことが出来ました。良い形で白馬に向かえます。


レース開催日 7/28 14:00スタート 
レース時間 10分
結果 3位
コース 富士見パノラマ特設コース(1,300m×3周)
クラス BOYS2(小学6~4年生)
路面状況 DRY
天候 曇り
機材 ルイガノXCB-SL
フォーク X-FUSION VELVET80mm
ギア 32/40-11
タイヤ 前シュワルベROCKETRON(20PSI)
    後シュワルベROCKETRON(20PSI)
    サイズ27.5×2.25
ホイール FULCRUM REDPASSION27.5インチ
ヘルメット OGK


リザルト

【スタート~1周目】
2列目からのスタートは失敗してトップのチームメイトH君が飛び出し、R君
が2位。2人に離されないようにギアを2速あげたが、1コーナーまでに6年生
A君にパワー差を見せつけられて4位に後退してしまった。
ケイデンスを落とさないように走ったけど、林間を出る時は1~3位のパッ
クからは離されてしまった。


【2周目】
トップのパックは順位が入れ替わってR君がホームストレートでトップに立っ
たのが見えた。ボクは諦めない気持ちでペダルをしっかり踏んで、坂を登って
いきました。林間の走りは自信があったので3位のH君との差が縮まった。
調子が出てきた感じだった。


【3周目】
ホームストレートの坂で一気にH君に近づいた。林間の切り返しでH君を抜いて
遠く離れてしまった2位のR君を追いかけた。最終コーナーを立ち上がった所で
R君がゴールしていた。3位になんとか成れたけど、優勝のA君からも大きく離
されて悔しかった。でも、最後まで諦めずに走れて良かったです。


レース開催日 7/29 8:30スタート 
レース時間 10分
結果 優勝
コース 富士見パノラマ特設コース(1,300m×3周)
クラス BOYS2(小学6~4年生)
路面状況 ハーフWET
天候 曇り(前日、台風の影響で大雨)
機材 ルイガノXCB-SL
フォーク X-FUSION VELVET80mm
ギア 32/40-11
タイヤ 前シュワルベROCKETRON(20PSI)
    後シュワルベROCKETRON(20PSI)
    サイズ27.5×2.25
ホイール FULCRUM REDPASSION27.5インチ
ヘルメット OGK


リザルト

【スタート~1周目】
2日目のスタートは、前日と同じ2列目だったけど、トップで飛び出せた。
前日の反省でスタート時のギア選択を1段軽くしたのが正解だった。
でも、林間でR君とA君が追いかけて来てるのが判って焦った。リフト真下
辺りでは3人パックになってしまった。


【2周目】
R君に替わりA君がホームストレートで真後ろについてきた。
脚は飛ばし続けたので、苦しくなってきた。
ペースを落とさないように注意してはしった。
林間を出た時はA君との一対一の勝負になると思いました。


【3周目】
ホームストレートの坂でA君が勝負を掛けて来たので、ケイデンスを上げて
トップ維持したまま坂を登って行きました。
イオンバイクJr.レーシング卒業生のRG君とS君が並走しながら、応援して
くれたので、もっと頑張らなくちゃ!と頑張れました。
林間では、途中で「ガシャ!」と音がしました。あとで判りましたが、R君
が転倒した音でした。
其のおかげで林間を出た時にはA君と差が出来ていました。
最後までケイデンスを落とさずにキッチリ走りました。特に最終コーナー立
ち上がった所では、アタックされないように全開で脚を回しました。
富士見のコースで全日本負けたリベンジが出来て良かったです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。