怪しい道調査隊MTB部

小学生の長男とMTBでのレース活動をblogにしてます。基本的にたいした事は書いてませんw

shimano+ECHO=シマエコ(ブレーキの話)

納車された時はエコー(ECHO)キャリパー&マスターでした。

このマスターが曲者。すぐエアーが入るのとエアー抜きが面倒・・・・・・。

頭にきて納車早々にシマノのAlivio M445 キャリパー&マスターに交換。
以下は交換作業中の一コマ。

キャリパー

で、なんでシマエコを作るかというと・・・・・
シマノキャリパーは分割式なので、強く握るとその合わせ面からフルードが漏れてくる
らしいのです。

エコーはワンピース式のキャリパーなので漏れてこない。

幸いまだまだ大丈夫なのですが、ライバルのNEWバイクに付いてるHOPEのブレーキに感銘を受けたらしく、生意気にもお財布に優しく必要にして十分なM445キャリパーに不
満を述べ始めたのです。
ったく、そもそも製品としての価格がいくら違うと思ってるんだ!(たぶん10倍位価格
が違う)
ここでトライアルへのモチベーションを上げるためにも、ブレーキのグレードアップを
図る事にしました。
ただし、4万近くのホープキャリパー&マスターなんぞ買えません。できる事は1つ。
扱いやすいシマノマスター+ワンピース式のエコーキャリパー=シマエコを組み立てる。


シマノキャリパー

ホースとキャリパーを分離

オリーブが付いてる先端部分を切り落とし

エコーキャリパーとホースの接続パーツ。

エコーキャリパーからホースを外した。

新しいパーツをシマノホースへインストール。


交換完了。

シマノキャリパーは割ピンによる、パッド固定がネジ込み式の固定になったので、パッド固定のガタが無くなって制動力もアップ、エースにも好評です。

交換した甲斐がありました。
ますます練習に励んでもらましょう!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。